中国版RoHS分析



中国版RoHSの概略

  1. 名称
    「電子情報製品汚染制御管理弁法」 − 通称:中国RoHS or 中国版RoHS
  2. 公布、施行日
    第一段階公布日:2006年2月28日施行日:2007年3月1日
    第二段階公布日:2010年秋頃(予定) 施行日:2011年夏頃(予定)
  3. 対象製品
    第一段階:電子情報製品分類注釈記載の製品
    レーダー装置、通信装置、ラジオテレビ装置、コンピュータ、家庭用電子製品、電子計測器、
    電子産業専用装置、電子素子、電子デバイス、電子応用製品、電子専用材料
    第二段階:重点管理目録(案:意見徴収稿)記載の製品携帯電話機、固定電話機、プリンター。
  4. 対象有害物質
    鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、ポリ臭化ビフェニル、ポリ臭化ジフェニル
  5. 限度量(閾値)
    カドミウム:0.01wt% それ以外:0.1wt%
  6. 法規制内容
    第一段階:汚染制御標識、含有量、環保使用期限、包装回収標識の表示を要求非含有(限度量以下)は要求しない、適用除外項目なし
    第二段階:非含有(限度量以下)、CCC認証を要求、適用除外項目あり


中国版RoHS指令分析(精密分析:ICP分析)

セット料金表・価格表 (納期:10営業日)


※分析方法:SJ/T 11363-2006準拠
試料は均一材質のものです。40グラム必要です。


R中国RoHS分析のご注文

まず「ご注文の流れ」をご確認ください。RoHS指令分析の関連書類をダウンロードしていただき、ご記入の上、メール添付にてお送りください。連絡事項欄に、「中国RoHS分析」とご記入いただければ結構です。


RoHS分析専門サイトを合わせてご参考ください。