サービス案内

グリーン調達サポート - 各種環境規制分析サービス

「地球環境保全が人類共通の課題」との認識が高まる中で、環境負荷物質に対する注目度が高まります。環境負荷物質を含まない製品作りをすることは、企業が社会に求められる責任となっております。
EU(欧州連合)では、2006年7月から「RoHS指令」が施行されておりますが、2006年12月には新化学物質規制「REACH規則」が制定され、化学物質そのものの登録義務、及び高懸念物質の製品への含有状況の届出義務、顧客への伝達義務等が課される等、製品に含有する化学物質に関する法規制が強化されてきております。
以上の背景から、そのために、多くの優良完成品メーカー様はグリーン調達のガイドラインを用意し、仕入れ先に開示し、協力を求めております。
しかし、数多くの環境負荷物質を調査するために、莫大な費用がかかることになります。
エコエンジェルでは、ISO/IEC17025認定試験所として世界最大級の検査機関SGSの協力のもと、高い信頼性、低価格、きめ細かい環境負荷物質の分析サービスをご提供しており。長年の実績を誇っており、多くのお客様のご信頼をいただいております。
弊社グローバルネットワークを活用することにより、最高の品質を業界最安値レベルでお客様にご提供いたします。

RoHS分析(RoHS指令対応)

RoHS分析(RoHS指令対応)

RoHS指令とは、欧州連合(EU)において、2003年2月13日に公布され、2006年7月1日より施行された、電気・電子

詳細はこちら
RoHS2.0指令分析(RoHS2)

RoHS2.0指令分析(RoHS2)

従来のRoHS指令で定められていた6物質以外に、RoHS2では新たに4物質(DEHP、DBP、BBP、DIBP)が追加されました。従来の6物質(鉛(pb)・水銀(Hg)・カドミウム(Cd)・六価クロム(Cr+6)・ポリ臭化ビフェニル (PBBs)・ポリ臭化ジフェニルエーテル (PBDEs))と合わせて、RoHS10物質となります。

詳細はこちら
RoHS3指令分析

RoHS3指令分析

従来のRoHS指令(対象6物質)、RoHS2.0指令(対象4物質)以外に、新たにRoHS3指令として対象7物質は追加することになります。

詳細はこちら
中国版RoHS分析

中国版RoHS分析

「電子情報製品汚染制御管理弁法」 − 通称:中国RoHS or 中国版RoHS

詳細はこちら
ハロゲンフリー分析

ハロゲンフリー分析

RoHS指令とは、欧州連合(EU)において、2003年2月13日に公布され、2006年7月1日より施行された、電気・電子製品での特定有害物質使用を制限する指令。

詳細はこちら
ELV指令分析

ELV指令分析

ELV指令とは、欧州連合(EU)が2000年10月より施行した、廃自動車に関する指令。

詳細はこちら
REACH高懸念物質(SVHC)分析

REACH高懸念物質(SVHC)分析

2008年10月28日、ECHAは第1次のSVHC候補15物質リストを発表しました。以後順次第2次、第3次を相次いで発表してきました。

詳細はこちら
PFOS/PFOA分析

PFOS/PFOA分析

PFOS(パーフルオロオクタンスルホン酸)、PFOA(パーフルオロオクタン酸)は、フッ素を含んだ人工有機フッ素化合物で、フッ素系の撥水剤、防水剤、グリース、オイルなどに使用されている物質です。

詳細はこちら
玩具 EN71-Part3分析

玩具 EN71-Part3分析

EN71とは欧州玩具安全規制のことで、その第三部(Part3)は「特定元素の移行」と題されています。

詳細はこちら
フタル酸エステル分析

フタル酸エステル分析

フタル酸エステルは可塑剤(材料を軟らかくするために添加する物質)として用いられます。シックハウス症候群の原因物質の一つとされています。

詳細はこちら
ASTM F963-16重金属分析

ASTM F963-16重金属分析

ASTM F963とはアメリカの玩具安全基準です。

詳細はこちら
ハロゲン分析

ハロゲン分析

ハロゲン系元素は、 Br(臭素)、塩素(Cl)、フッ素(F)、ヨウ素(I)の4つの元素の総称です。

詳細はこちら
JIG物質分析(JGPSSI対応)

JIG物質分析(JGPSSI対応)

JIG(ジョイント・インダストリ-・ガイドライン)は、JGPSSI(グリーン調達調査共通化協議会)、EIA(米国電子工業会)・EICTA(欧州情報通信技術製造るJI者協会) の共同作業により作成され、JGPSSIとEIA承認の元、発行されました。

詳細はこちら
多環芳香族炭化水素(PAHs)分析

多環芳香族炭化水素(PAHs)分析

多環芳香族炭化水素(PAHs)はベンゼン環を2つ以上有する芳香族炭化水素の総称です。原油中に存在しており、燃焼時に副産物として発生する化合物です。

詳細はこちら
食品接触材分析・食品法対応

食品接触材分析・食品法対応

エコエンジェルでは食品接触材料の分析を行っております。お客様の製品が国際市場へのパスポートを得るために、全面的にサポートいたします。

詳細はこちら
SDS/MSDS作成代行サービス

SDS/MSDS作成代行サービス

豊富な実績を誇る、験豊富な専門スタッフを有する、業界最安値、短納期、多カ国語対応可能

詳細はこちら
中国語MSDS作成(GHS対応)

中国語MSDS作成(GHS対応)

化学物質等安全データシート(MSDS)に関する国家標準・GB/T 16483-2008:「化学品安全技術説明書(SDS)」・GB/T 17519.1-1998:「化学品安全資料表の第1部分:内容及び項目順序」を改定。

詳細はこちら
ChemSHERPA(旧MSDSPlus作成)

ChemSHERPA(旧MSDSPlus作成)

MSDSplusは、JAMPが推奨する製品含有化学物質情報を伝達するための基本的な情報伝達シートであり、製品中に含有される成分を管理対象とする「法規等の名称」

詳細はこちら

各種環境規制分析サービス。最高品質・業界最安値レベルでご提供致します。

当社グリーン調達分析の特徴

特徴その一:確かな分析精度

当社の提携ラボはRoHS指令の ISO/IEC17025を取得しました!

当社の提携ラボは世界で初めてRoHS指令の6物質(カドミウム、鉛、水銀、六価クロム、ポリ臭化ビフェニル、ポリ臭化ビフェニルエーテル)、及び ELV指令の4物質(カドミウム、鉛、水銀、六価クロム)について、ISO/IEC17025(試験所認定)の認定を受けました。
現在は、RoHS/ELV以外にも、REACH規制の高懸念物質(SVHC)の分析は特に需要が高まっております。その他臭素系難燃剤の一つであるトリブロモフェノール(TBP)・テトラブロモビスフェノールA(TBBPA)・玩具EN71-Part3やパーフルオロオクタンスルホン酸(PFOS)・フタル酸エステル・多環芳香族炭化水素(PAHs)・フマル酸ジメチル(DMF)の分析を行っています。

特徴その二:信頼と実績

2000社以上のお客様からご信頼をいただいております!

弊社は東京証券取引所一部上場の企業様から中小企業まで多くのお客様よりご愛護いただいております。分析対象は材料、部品、成形品など様々で、固体、液体にも対応しております。

特徴その三:魅力的な価格体系

海外ラボと強いパートナーシップ関係を築いているため、お客様に対して高いコストパフォーマンス、業界最安値レベルでサービスを提供することができます。

特徴その四:きめ細かいサービス

専門スタッフが丁寧に対応いたします。分析知識のないお客様でもお気軽にご相談ください。お客様の立場に立って、ご提案させていただきます。

分析のご注文

まず「ご注文の流れ」から注文関連書類をダウンロードしていただき、ご記入の上、メール添付にてお送りください。